無欲と強欲のブログ

お金の事だけ勉強すればお金の問題は解決できる。

時計

時計でその人の年収が分かるとまで言われるらしいが、
そもそも僕は腕時計をすることが少ない。

それでも冠婚葬祭など、礼儀の一着として持っている。

腕時計なんて、死んだら肉体を失うので持っていけるものではない。

それなのに豪華な腕時計のために高いローンまで組んで
労働の時間を延ばしている人たちがいる。

「時間」とは「命」そのものなのに。

不思議なことだ。

 

これが僕の腕時計。1000円。 

 

そして下のこれだと350000円だ。
僕の時計の350倍の値段がする。

しかし1日の時間は24時間しかもらえないらしい。

むしろ支払いのために働く分、時間は減る。