欲のブログ(仮)

お金の事だけ勉強すればお金の問題は解決できる。

まだ給料をもらっているなら、とにかく安い飯を食え。

120円の菓子パン、
500円の社員食堂の定食、
980円のカフェのランチプレート、

 

どれを食べても夕方までは活動できるとして、
あなたの時給はいくらでしょう?

 

都心では、1000円、が良いところでしょうか。
(地方ではもっと低いですよ)

 

でもそれは控除前です。
そこから所得税に住民税に健康保険等の天引きがあるので、
手取りで言うと、800円、としましょう。

 

800円使うと、1時間の労働が必要です。
労働中は、自由時間ではありません。
つまりあなたの自由寿命が1時間失われ、
代わりに労働が必要になります。

 

1時間の労働のためには、通勤の往復時間や、
仕事に行くための身だしなみを整える時間が必要となり、
実際に800円を使うということは、
1時間以上の自由寿命が失われていることは間違いありません。

 

次に、
1日は何時間か考えてみましょう。

全体ではもちろん24時間でしょうが、
睡眠やトイレなど生理的に必要な時間を考えると、
8時間をひいて、1日は16時間です。

 

そのうち、仕事に8時間と、前後2時間の準備時間
(仕事がなければ自由に使えたが、仕事に備えた時間…通勤含む)
があると考えると、12時間を引いて残りは4時間。

 

つまり、勤務日1日の自由時間は4時間程度なわけです。

 

あなたに仕事を辞める自由(経済力)がまだないのなら、
あなたの一日あたりの自由寿命は4時間です。

 

菓子パンと定食で1食380円の差がつくと、
1食ごとに28分30秒ずつ寿命が無くなり、
8食ごとに1日を失います。

 

年間365日、そのうち昼と夜の2食でこの差がつくので
およそ365時間の差がつき、
91労働日分の寿命を失ったのと同じことになります。

 

あなたがもし、あと少しで死ぬという時になって、
寿命を91日(3ヶ月)も伸ばせるとしたら、
いったいいくらまで支払いますか?

 

1年で、3ヶ月の自由寿命が手に入りました。

 

4年で、1年の自由寿命が手に入ります。

 

20歳から60歳の40年では、10年の自由寿命です。

 

 

 

 

 

 

もう一つ、早期に一定額の資産を貯めて、
不労所得による自由な生活を手に入れると、
労働時間がすべて自由時間に切り替わります。

 

一日4時間しかなかった人生が、1日16時間の人生になるのです。
寿命は4倍に伸びるでしょう。
やりたいことをやれるでしょうし、学びたいことを学べます。

 

365日が1460時間の人間対、5840時間の人間。

 

これでも、
無駄な食費や高価な健康食品を食べて、自由寿命を減らしますか?

 

クレジットカードの解約

MUFGカード

(自動音声で全て済んだ)

 

AMAZONクラシックカー

(担当者と電話)

 

Meiセゾンカード

(担当者と電話)

 

 

上記3つのクレジットカードを解約した。

全部、役に立って、お世話になっていたものだが、

環境の変化ですべての支払いをほかのカードにまとめていたため、

気がつけば1年程度使っていない。

 

 

放置していたが、引っ越しが近付いたのを機に解約。

 

 

 

こういうものも、失うほど気分が軽いな。

男性中心社会という見解について。

男性中心社会という見解について。

 

 

「持続可能な社会」というお題目に反発する人は少ないだろうが、

生命の場合、人間社会の場合、

太古からそれは「子孫への社会財産の承継」という形で行われてきた。

 

 

王家の存在や、相続、家業、など、

好き嫌いは別として理解できない人はいないだろう。

 

 

近代まで、いや現代でも、

妊娠・出産は命がけの行為であって、

一人一人の「子ども」の生存率が低かった時代においては、

こと権利相続の点から考えると王が出産の度に命の危険があっては、

毎回御家騒動の原因となるのである。

 

 

 

一人の「男の王様」が10人の女性に王子を産ませることは、

1年で可能であり、

一人の「女の王様」が10人の王子を産むことは、

10年かかる。

 

 

 

10人の出産において「男の王様」が出産で命を落とす可能性は

ゼロだが、

10人の

出産において「女の王様」が出産で命を落とす可能性は

毎回存在する。

 

 

 

男性だけが得をしているというわけでもなく、

政局が不安定になると、権力争いが始まるのは男も女も同じ。

 

 

 

強い王家とは、

「安定政権」

「絶えにくい(安定した)相続の連鎖」であり、

男性に家督を預けたのは

男女の同意(必要性の同意)があったと考える。

男女の違いも判らない人たち

差別や区別の本当の意味、意図を説明するのは難しい。

 

いまどきは何でも
区別 → 差別? → 蔑視!
と捉えられて、批判にさらされるからだ。

 

でも僕は、どう考えても違うものを同じく扱うのは違和感を感じる。

 

例えば男女の問題。

 

「女性の社会進出」と騒がれるけど、
じゃあこれまで女性は「社会」に「進出」してきていなかっただろうか?

 

いやそもそも、どの時代を考えても、
女性が社会の中心だった。
なぜなら、女性しか子どもを産めないからだ。

 

子どもを産むという行為が、「社会」から排除されているはずがない。
社会とは人間の集まりで、人間を生むのは女性だった。

 

いま、女性の社会進出の指標が「役員および管理職の数」だという。
こんなに女性を馬鹿にしている話があるか?

 

つまり
1、役員か管理職ではない人間には、社会的価値が無い。
2、女性で役員や管理職が少ない。
3、だから女性には価値が無いとされている。
4、もっと女性の役員と管理職を増やすべきだ。
ということだ。

 

これこそ女性蔑視だ。

女は役員が少ないから価値が無いだってさ。
馬鹿らしい! こっちゃあてめえを産んで働かせてやってるんだよ!
と、はねのけてくれる女性がいてほしい。

 

ちなみに、ご存知ない方も多かろうから、
ここではっきりとさせておくが、
人間の場合、太古から現代まで「妊娠出産」という
大仕事を担ったのは
なんと100%が女性であった。

歴史上、この役割を男性が担った例は無い。

 

もしも
1、子供を妊娠して育てるのは立派なことだ。
2、男で妊娠出産をしているものが少ない。
3、だから男には価値が無い。
4、男ももっと妊娠するべきだ。
といいだしたら、どう思うだろう?

 

ばかげていると思わないだろうか?

 

女性がつきたいと思う職に
「女性であるから」という理由で就けない例があれば
それは確かに差別かもしれない。

 

しかし、僕は思う。

 

男にでもできる仕事に女性がかまけていては、
そのうち子どもを産む人が少なくなって
少子化で社会が成り立たなくなるよ! と。

 

ああ、もうそうなってるのか。

割り箸と紙コップとレジ袋

これはシロウト考えなんだけどね、
最近エコとか言って
マイ箸・マイバッグ・マイタンブラーなんてのが
流行っているみたいだけど、
あれって原料は多くの場合は石油だよね。
しかも石油のいい部分を使っているわけだよね。

 

でも石油からプラスチックを作ったら分解できなくて、
壊れて埋め立て場で何年も何年も放置されるんだよね。

 

いったい何年放置するんだろう。
植物やプランクトンが何億年も経って生み出されたのが
石油なのだとするならば、
その分を再生産するのにかかる時間はどれくらいだろう。

 

それに比べて、紙コップと割り箸はどうだ。

 

1、二酸化炭素を吸って樹が育ち、
2、樹を使ってコップを作り、
3、使い終わって燃やせば二酸化炭素を放出し、
 (1へ戻って繰り返し)

 

ってことじゃないの?

 

これが循環型ってやつじゃないの?

 

樹が育つまで数十年っていうけど、
使う分だけ育てればいい。
(森を守ってきた林業はそういうものだった)


少なくとも、作り方もわからない石油よりもずっといい。

 

 

 

どうも皆さんのエコ活動は理解できないなあ。

食費20171016

朝 ミニドーナツ 30円

昼 カップめん 100円

夜 ご飯 もやしと麩の味噌汁 キムチ 65円

合計 195円

センタンのアイス 35円

食費20171011

朝 ミニドーナツ×3 20円 カフェオレ 10円

昼 カップめん 90円

夜 オムそばめし 50円

合計 170円